[春には黄色の花が多い?]

みなさまこんにちは。

先日、ある利用者様と歩行練習ついでに庭を眺めていたところ、「なんで春に咲く花は黄色が多いんだろうね?」と聞かれました。

確かにと思い、調べてみたところ昆虫との関係があるとのことでした。
花の色を目立たせるというのは、昆虫たちに花粉を運んでもらい受粉をし、次の世代に子孫を残すための一つの手段らしいです。

冬から春にかけて色彩の少ない季節では、黄色というのはとても目立つ色だそうです。
なおかつ、昆虫のなかでも早くから活動を始めるハエやアブの仲間は黄色に対して敏感に反応すると書いてありました。

ただ、そもそも自然界のなかで黄色の花は割合としては多く、研究ではっきりしているわけでもないので「らしい」としか言えないのが現状みたいですが、そんな理由があるみたいですね。

今日の内容には関係ありませんが、画像は和野にある神社の桜です。ちょうど見ごろですね!

さんぽとおさんぽしませんか?
「岩手 訪問リハビリ さんぽ」で検索!