Pocket

夏になると、なぜか誤嚥性肺炎で入院する方が増えるという現象がみられることがあります。

原因としては、

気温の上昇に体がついていけずに、免疫機能が落ちているところへ、熱中症対策のために、普段よりも多めに水分をとることで、もともと嚥下障害のあった方の誤嚥が普段よりも多くなり、重症化するとなどが考えられます。

熱中症対策のために、経口補水液などが推奨されますが、嚥下障害がある場合は、ゼリータイプのものなどを使用されるとよいかと思います。

さんぽとおさんぽしませんか?
「岩手 訪問リハビリ さんぽ」で検索!