Pocket

この気仙地区でも、このところ気温が急に上がってきました。
少し早いですが、すでに気温が高いときに熱中症のような症状のご利用者様がいらっしゃいましたので、熱中症と嚥下障害について書いてみたいと思います。

嚥下障害のある方は、水を飲みとむせてしまうので、苦しくなるので自然と水を飲む量が少なくなる傾向があります。

食事、水分摂取含めて一日に2リットルは水分を摂りたいとことですが、足りていない方は意外と多いです。

特に、嚥下障害の場合は、飲む量が少なくなる傾向があるので、トロミ剤を使用することや、ゼリーを召し上がって頂くなど、水分摂取が出来るように、工夫が必要になります。

水を飲むと良くむせたり、白いねばねばの痰が出る方は、嚥下障害の疑いがありますので、注意が必要です。

夏を前に、嚥下機能の低下が疑われる方は、積極的にリハビリをすることをお勧めします。

さんぽとおさんぽしませんか?
「訪問リハビリ さんぽ 岩手」で検索!!