今日産業リハビリがスタートしました。

陸前高田市のノーマライゼーションという言葉のいらない街づくり。 皆が健康で、どんな人でも笑顔で生活できる。 そんな街を作るためにも、今働いている人たちもしっかりと健康な体を作ってもらわないといけない。 そんなことから、陸前高田市の企業で働く人たちがイキイキと元気で健康に働けるように、病気で仕事を休むようにならないように、そんな環境を整備するのが産業リハです。 産業医のように、リハビリを就労環境に用いて病気になる原因を予防して取り除きます。 企業にとっては病欠率が低下し、一人あたりの生産性が上がります。 生産性が上がれば当然売上と利益も向上し、市としても納税額が上がります。 みんな健康になりますし。 すべてがウィンウィンなわけです。

内閣府の事業の一環として、ソーシャルビジネスネットワークさんと陸前高田市役所と高田ドライビングスクールさんと一緒にプロジェクトを組んで、本日スタートしました。

要は陸前高田の企業さまの健康向上に努め、町自体を元気にし、町の経済力を向上させるという取り組みです。

先ずは腰痛の環境となりやすい姿勢などについての理解と、姿勢の改善方法の指導がありました。

これからしっかりと定着できるように皆で考えて取り組んで参ります!