ビッグニュースです!

玉山金山が日本遺産に認定されました! 日本のゴールドろまんの遺跡として、玉山金山が日本遺産に認定されました!

玉山金山は奈良時代に聖武天皇の命を受け、日本初の金山として金を産出し、その後平泉中尊寺の金色堂の建立や、奥州藤原氏そして伊達藩の時代まで東北の財政を支え、明治に入ってからは日露戦争の軍資金を入手するため米英国相手に抵当に入っていた物件となり、奈良時代から近代史まで歴史の中心にいる金山です。

今は金は出ないと言われていますが、人の手で坑道をすべて埋めてしまっているため中には入れないですが、おびただしい数の水晶があり、金がまだあるのではないかとさえ感じてしまいます。

まだまだゴールド浪漫がこの金山にはあります。 この金山を陸前高田の復興の起爆剤にさせることができれば・・・。

陸前高田市の指定管理を受け、玉乃湯を運営させてもらって、金山探訪ツアーを企画運営して、良かったなと思います。 反対はたくさん受けましたが、この体験型のツアーが無ければ、日本遺産には登録されていなかったかもしれませんので(体験ができる観光資源というのがキーワードだったので)。

これからもこの玉山金山を地域の皆様と一緒に盛り上げていきたいと思います。

本当快挙です!

ちなみに日本遺産認定のニュースは今日結構いろんな形で流れます。 玉山金山というより、東北ゴールド浪漫として出るかもですね。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45010880Q9A520C1CR0000/