こんにちは!さんぽの菅原です!

3月に入り、陸前高田でも少しずつ気温が暖かくなりつつあり春が近づいているのを感じるようになりました。

さて、先日に阿比留と平泉、菅原の三人で桜ラインさんが運営する桜の植樹会に参加してきました。

この植樹会は東日本大震災による津波の到達地点に桜を植えることで、津波がどこまで来たのかを風化させないために行っているとのことでした。

当日の天候は比較的暖かく、天候にも恵まれました。参加者は全国各地から参加されており、総勢120名ほどが参加されたとのことでした。

私達さんぽグループは2本桜の木を植えました。植樹をしながら、震災当時のことやそれからのこと、いろいろな事が頭をよぎりました。

どんな形でもいいから、この地域に何か役立てるように頑張っていかねば、と改めて思う一日でした。