Pocket


今週、リボーンのスタッフとインフルエンザの予防接種を受けてきました!

私個人としては約9年ぶりの予防接種。

診療所の方の話によると、今年は重症化するケースが多いらしく、特に気を付けた方がいいとのことでした。

また、予防接種の効果は人によってかなり変動するようで、3か月の人もいれば5か月もつ人もいるようです。そのため、いま予防接種をしておいても春先の流行でかかってしまうことがあるようです。

そもそも予防接種とはいえ、インフルエンザにかからない訳ではないので、手洗いやマスクの着用など、自分でできる予防も励行していきたいですね。

予防接種が終わったデイサービスのスタッフ

さて、これは私がテレビで見たことなのですが、予防には「お茶や水を20分おきに飲む」というものがありました。

これには喉についたウイルスを流してしまえば、胃酸でウイルスの働きを弱めることができるといい、そのためにはこまめに飲んだ方がいいと。

ちなみに、緑茶には抗酸化作用や免疫力を高める「カテキン」が含まれているため、他のお茶や水よりも効果的なようです。

テレビの受け売りではありますが、病院の先生の多くが実践しているようなので、試してみる価値はあるのではないでしょうか(*’▽’)?

広報 小林