みなさまお疲れ様です!

久しぶりに投稿いたします、玉の湯デイサービスセンターの及川です!

 

昨日の社長のブログにも掲載されておりましたが、昨日、一昨日とピラティス

インストラクターの佐々木先生夫妻をお呼びして「介護分野へのピラティス活用術」

というテーマで実技中心の研修を玉の湯デイサービスセンターにて受けさせていただきました。

 

ピラティスはもともと戦時中の負傷兵へのリハビリテーショントレーニングの手段として考案

されたものなのでリハビリテーションとの相性は抜群です。

また、適応も幅広く疾患のある方だけでなく予防をしたい方、スポーツのパフォーマンスを向上させたい方、

ダイエットをしたい方など老若男女問わず行うことができるのが特徴です。

 

実際にピラティスを行ってみた感想としては普段意識しないインナーマッスルに力が入る感じがわかり

自分の体の軸が整うような感じを受けました。体の軸がしっかりすると姿勢も良くなりますので実際

立った時の姿勢の変化が感じられました。お腹に力が入るので続けていけば気になるお腹回りもスッキリ

しそうな感じがします(笑)なので毎日続けていきたいと思います。

 

今後はピラティスを取り入れた運動をデイサービスでも取り入れていきたいと思っています。

また、介護保険を利用していない方にもピラティスを提供できるようなサービスも考えていきたいと思います。

これからのデイの発展にご期待ください(^^♪