Pocket

【主体的であること】
みなさんこんにちは。

最近「7つの習慣」という本を読んだり、要約動画を観たりしているのですが、とても勉強になることが多く、ぜひ学んだことをみなさんにもシェアしたいと思ったので投稿させていただきます!

今回は7つの習慣の第一の習慣「主体的である」ということについてです。

主体的であるとはどういうことか、それは簡単にいうと
「どんなことがあっても反応を自分で選択することができる」
ということです。

人は嫌なことや理不尽なことがあったときに誰かのせいにしてしまったり、怒ってしまったりすることがあると思います。
でも、そんなことをしても何も解決しないばかりか、事態がさらに悪くなってしまったという経験がある方も多いのではないかと思います。

ではそうならないためにはどうしたら良いか。
それは「今自分にできる最善の方法は何かを考える」ということに集中して行動することです。
どんなに大変な状況に置かれても自分にできる最善の方法は何かを探り行動する事で道が開けることがあると思います。

このように同じ刺激でも主体性があれば自分自身の反応の仕方を選ぶことができるので、事態を良い方向に持っていくことができます。

とはいえすごく難しい事だなと思いましたが、主体性を持って生きていけるようになりたいなと思った今日この頃でした。

さんぽとおさんぽしませんか?
『岩手 訪問リハ さんぽ』で検索♪