【オリンピックにも負けない熱い戦い(お祭り)】
皆様お疲れ様です。
隣の国の韓国では連日連夜熱い戦いが繰り広げられており、訪問中もオリンピックの結果が気になる今日この頃です。がんばれにっぽん!
ちなみに、さんぽの管理者の阿比留の故郷である対馬からは晴れていれば韓国が見えるそうです。

さて、そんなプチ情報はさておき、ここ岩手でも2月11日に平昌オリンピックに負けずとも劣らない熱い戦いが繰り広げられました!
2月11日・・この日にちを聞くとピンと来る方もいらっしゃるかもしれませんが、そう去年もさんぽの菅原、平泉が参加した天下の奇祭「水かけ祭り」です!!
菅原OTの故郷の大東町で行われる祭りで今年で361年目を迎えるとても歴史のあるお祭りです!!

今年は昨年に引き続き菅原、平泉とさんぽの元管理者であり、稀代のお祭り男である城尾さんが遠路はるばる「水かけ祭り」に参加しに来てくださいました!!

今年もさんぽ利用者様や家族や自身の健康祈願を背中に背負い、昨年よりも悪天候(地元の方に言わせるとお祭り日和だそうですが)の中、キンキンに冷えた冷水をかけられながら、大東町の商店街を爆走してきました!!

とてつもない量と勢いの水をかけられ(というよりぶつけられる)ながら走りきった最後には、各部落ごとに納め水という〆の水を浴びて終わるのですが、この納め水がとても冷たく、意識が飛びそうになる程の冷たさです。
身体の震えが止まらず、この日程、お風呂と暖房に感謝する日は無いのではないかと思うくらいです!!

何とか今年も無事に倒れる走り切ることができましたので、さんぽスタッフもさんぽの利用者様も健康で無事に1年過ごせるのではないかと思います!!!

オリンピックにも負けずとも劣らない戦い(水かけ祭り)皆様もぜひ、参加されてみてはいかがでしょうか!?

さんぽとおさんぽしませんか♪
「岩手 訪問リハビリ さんぽ」で検索!!