Pocket

とうごう薬局は東日本大震災直後に東京から薬剤師さん達が集まって有志で被災地への訪問投薬活動の延長で始まった薬局です。陸前高田市は甚大な被害を受け、お薬が届かない方々がとても多く、災害救助法が切れるタイミングで合法的に訪問投薬を行うには調剤薬局を設立するしかありませんでしたので、2011年7月に「とうごう薬局」を陸前高田市にプレハブでオープンしたのが始まりです。

設立当初に企業理念を掲げました。「復興に貢献する」ということを事業目的の第一優先事項に掲げ、「せっかく助かった方々を健康にしていき、健康にする事業を通じて一人でも多く雇用を生み出す」ということをやろうと決意し、今日まで歩んでまいりました。

在宅医療を推進しながら、患者様の健康管理を一人一人していき、最終的にはお薬の投薬が必要無くなるようなそんな地域づくりを目指しています。

 今では大船渡市そして陸前高田市広田町で開局した薬局をベースに、老若男女を問わない幅広い患者様の一人一人の健康を守っていける「かかりつけ薬局」を目指しています。